多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市の外壁塗装・屋根塗装なら日成ホーム(プロタイムズ多治見店・恵那店)へお任せください!

会長ブログ

チョーキング(白亜化)現象が起きやすい場所や方角は?

チョーキング(白亜化)現象が起きやすい場所、方角とかはあるのでしょうか?

毎日の太陽光を浴びるということは、その都度、紫外線を浴びます。また、雨や風などにより外壁には劣化現象が起きます。

そういう中で、太陽光が当たりにくい場所、雨が当たりにくい、塗れにくい、或いは、風が当たりにくい場所や方角は、塗膜の劣化も起きにくくなります。

チョーキング(白亜化)現象は特に紫外線の影響が大きいです。ですから、日当たりの良い場所は特に起きやすいということになります。

チョーキング(白亜化)が起きやすい方角は御家の南側になります。

一日を通して日当たりが良く、太陽に曝されている時間も長いです。

よく現場調査にお伺いする時も、ベランダの外壁が特に傷んでいるという御家を見かけます。

そういう御家はベランダが南側で、特に太陽光に曝されているということになります。

次には、西側の面です。

一般的には西日の方が東日よりも強く、紫外線や熱量も多いと言われています。

次に御家の東側ですね。

朝の日の方が夕日よりも弱いとされています。

そして最後に北面です。

一日を通して日当たりが悪いので紫外線を浴びることも少なく、日陰となっている時間も長いです。

一度、ご自分の御家も御覧になってください。

また、雨が当たりやすい面はチョーキング(白亜化)が発生しても、その面の粉が雨で流され、色は薄くなっているけど、粉が付かないということもあります。

チョーキング(白亜化)かどうか、分からなくても色あせは劣化ですから、塗り替える必要はあります。

色褪せは日照によって見え方は異なります。

色褪せてきたなと思われるときは、外壁に水を掛けてみるのも良い方法です。

壁の差を見比べてみると良いでしょう。

傷んでいる壁は色も大きく変わります。

また、チョーキングが発生する場所は外壁だけとは限りません。

塗料が塗られている箇所は全てチョーキング(白亜化)現象が生じます。

雨戸や戸袋、屋根瓦のスレート屋根やセメント瓦、コンクリート瓦や門扉やフェンスなども塗料が塗られていればチョーキング(白亜化)が生じます。

雨戸や戸袋は、現場に行った時には、まず、どの御家にもあります。

雨戸や戸袋は金属製であっても塗装されていればチョーキング(白亜化)は発生します。

当社では塗り替えの時には塗れる箇所は必ず塗り替えます。

屋根のスレート(カラーベスト)、セメント瓦の屋根、コンクリート瓦の屋根などもそうです。

どの屋根材も工場の出荷時には塗装を施されています。そして屋根は一番紫外線を浴びる場所でもあります。

また、一番、雨や風に晒される場所でもあります。

ですから、劣化しているなと思っても、案外、手に粉が付いてこない場合もあります。

 

人気記事

お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・見積もり
to top